阿路岐の日常&備忘録です。


by potecoro_ukpa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:大学のはなし( 39 )

4人衆

 久々に、ばんじゃん、はむこちゃん、椿ちゃん、私の4人が集まりました。

 実に、2ヶ月ぶりかしら。それとも3ヶ月???

 しばらくご無沙汰だったのは、ほぼ私のせいです。実家でドタバタしてた上に、椿ちゃんに告白するという大事件を起こしたわけですから。あっはっは~。でもね、思い切ってよかった。お蔭で、今は、椿ちゃんと一緒になれたわけですから。

 ばんじゃん氏は、私と椿ちゃんを冷やかしてみたりと、ちょっとはじけてました。なんか気恥ずかしくて上手くかわせなかったなあ。久々に見た、はむこちゃんは若干お疲れ気味。学校+バイトで休まる日がないもんねえ。

 まずは、椿ちゃん、ばんじゃん、私の3人で、椿ちゃん行きつけのお好み焼き屋さんに行き、腹ごしらえ。お好み焼きって一枚で結構お腹いっぱいになっちゃうので、量は少なめにしたいなあって言ったら、お好み焼き隊長椿ちゃんは、そば半分で注文してくれました。なるほど、これは丁度良い量だなぁと感心。久々に食べたお好み焼き、すごく美味しかったです。

 その後、はむこ邸を襲撃し、はむこちゃんの彼氏さんも交え、5人で、椿ちゃんとはむこちゃんを含む女4人衆の韓国旅行のビデオを見たり、椿ちゃんお得意のドラマ「はむこちゃんの結婚式」を聞いたりして過ごしました。いずれも突っ込み所満載で、とくに椿ちゃんのドラマには皆で突っ込みまくり。

 でもちょっと突っ込みすぎたみたいです。帰るとき車の中で「なんか阿路岐ちゃん、そっけなかった」って言われちゃいました。確かにそうだったかも。ごめんね椿ちゃん。みんなの前では、なんか小っ恥かしくて、ついつい意地悪しちゃうのよ。反省。もっと器の大きい男になります☆


 

 
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-10-24 22:48 | 大学のはなし

一足早く…

 日曜日。午前中は、R1の初めてのオイル交換。わずか二週間で1100キロ以上走っちゃいました。ちょっと走りすぎかな?

 R1すこぶる快調ですが、ただ一つ、アイドリング中、ごくまれにユラユラッと大きな振動がするのが気になります。それを営業さんに伝えたところ、保証でドライブシャフトの交換となりました。なんでも、R1/R2では、まれに振動があるという話をお客さんから聞くことがあるそうで、原因の特定は難しいが、これまでの事例ではドライブシャフトの交換で治ることが多かったとのこと。だから、まずはこれで対応してみましょう、とのお言葉でした。ありがたや。2週間後に交換修理予定です。

 お昼には、ばんじゃん氏と共に大学近くの蕎麦屋さんに行き、彼から一足早い誕生日プレゼントとして「おらがそば」をご馳走になりました。たっぷりのネギに鰹節が香ばしい、さっぱりとした蕎麦ですごく美味しかったです。ちなみに、ばんじゃんは、蕎麦屋さんにまるで縁の無かった私に蕎麦の美味しさを教えてくれた人物。この日も、彼のお蔭で、また一つ、蕎麦の世界が広がりました。

 昼食後は行きつけの御茶屋さんに。以前、車庫入れの速さを店主に突っ込まれたため、今回は車が新しくなったことだし、ゆ~っくり車庫入れをしようと思っていたのですが、到着直前に腹痛に見舞われ、結局これまでと大して変わらぬスピードで車庫入れする羽目に。安全確認をして、ブオンブオン。挨拶もそこそこに大急ぎでトイレに駆け込みました。

 店主より、「これ新メニューです。」と出されたのは、『きんぴらスティック』。広島市中心部の業者の製品で、ごぼうを特殊な方法で丸々揚げてスナックにしたもののようです。かじってみると、サクッという音と共にごぼうの香りが口いっぱいに広がります。ピリリとした唐辛子が良い感じ。皆さんも是非一口食べてみてはいかがでしょう。これはお勧め。

 夜は、急遽、きむさんの家に泊めてもらいました。
 モスで簡単な食事を済ませ、彼の家で酒盛り。マグロの粗と共に大根と卵を煮つけた絶品料理を味わいつつ、ウォッカカクテルをグビグビ。久々に飲んだなあ。結構深い話もしたりして楽しかったです。
 
 そこで、ちょっとしたサプライズが。一足早い誕生日プレゼントを頂きました。中身は、ガラス製の急須に紅茶『九曲紅梅』。ちょうど、急須が欲しかった上に、行きつけのお茶屋さんで使われている使い勝手の良い綺麗な急須。最高に嬉しいプレゼントでした。これで、好きなときにお茶が楽しめるぞ~☆

 椿ちゃんからは鞄を頂いたし、ばんじゃんからは蕎麦、きむさんからは急須にお茶と、頂き物の多い週末でした。みんな本当にありがとう!大事にします☆
 

 
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-10-11 22:31 | 大学のはなし

朗報☆

 さっき、すっごい嬉しいお知らせが☆

 我が親友、はむこちゃんが、某試験に合格したんです!

 おめでとう~!!!

 いやぁ、自分のことみたいに嬉しいなあ。

 まあでも、驚きはないけどね~。はむこちゃんならできるって分かってましたから(笑

 私、人を見抜く力だけは、自信ありますよ。

 それにしても、おかげで私も勇気と元気を貰いました!

 俺も、もっと頑張るぞ!
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-09-29 21:26 | 大学のはなし

トークタイム

 免許更新を日曜日に予定していたので、土曜日は大学時代からお世話になっている眼鏡屋さんに行ってました。

 ちょっと視力が落ちてる気がして、もしかしたらレンズ作り変えないといけないかもって思って、念のため、行ってみたのです。

 すると

 「あぁ~、落ちてますねぇ。結構、夜とか雨の日とか見えづらかったんじゃないですか?前回と同じくらい見えるようにするには、三段階くらい上げないといけないんですよ。免許はギリギリってところですね~。」

 が~ん

 そっかあ。まあ、ギリギリなら免許更新は何とかなるとして、近いうちにレンズ作り直したほうが良いかなぁ。基準云々はともかく、目が十分に見えてないのは、安全面で不安です。

 その後、馴染みの中国茶屋さんで、まったり。目の疲れに効くというお茶と、サンザシ、杏、ソフトクリームを頂きました。サンザシ食べるのも久々。

 店主「今日もまた、車庫入れが速かったですねえ。物凄い勢いでくるから、どうしたのかと…、ちょっと神経を病んだ人かと…」

 ええ~

 なんか、この店主さんからは、毎回、車庫入れが凄まじく速いとのコメントを頂いている気が。全周囲をチェックして丁寧に入れてるつもりなんですけどねぇ。傍から見るとかなりアクロバットらしいです。それはちょっと宜しくないなあ。うむ、今後は、ゆ~っくり車庫入れすることにしよう。

 夜は、きむさんと美味しい焼肉屋さんに行ってたらふく食べてから、彼の家でお茶をゆっくり楽しんでました。こうして、きむさんとゆっくり話すのも久々。あれやこれや積もる話をして、楽しかったです。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-09-17 18:30 | 大学のはなし

日曜日を味わいつくす

 まふっちゃんも動くようになったし、これからどうしよう、と考えていたら、きむさんからメール♪電話の着信を見て連絡をくれたのです。こりゃグッドタイミング。お昼どきだったので、食事に誘うことにしました。

 大学の近くに新しく食堂タイプのレストランができたみたいなので、そこに行ってみることに。お店に着くと、駐車場は車でいっぱいです。すごいなぁ、皆気になって来たんかなぁ、と思ってふと見ると、「8月30日開店」の看板が。あれっ今日じゃないの?

 責任者らしいビジネスマンが現れ、説明してくれました。なんでも、今日は、関係者を集めての、試験開店とのこと。まだスタッフも慣れてないので、料理が全部出てなかったり、御不便をおかけしますが、それでも宜しければ、どうぞ食べていってください。

 おお、そりゃ面白そう。開店前のお店なんて、初めての体験です。

 入ってみると、狭い店内は大入り満員。自分で好きな料理を棚から取っていくセルフ形式なのですが、なるほど、出てる料理の数は少ないなぁ。とはいえ、これほどの人数をさばくのは、かなり無理があるだろうって言いたくなるほどのお客さんの数でした。

 私が選んだのは、秋刀魚の塩焼き、タコ酢、ご飯、豚汁。なかなか美味しそうです。

 「今日は、お代は頂きません。代わりに、アンケートにご協力下さい。」

 えっ!?まじですか?それは嬉しいなあ。そして、こんなにお客さんでぎゅうぎゅうなのも納得。

 料理は、結構美味しかったです。秋刀魚の焼き具合も良し、豚汁も具沢山で、美味しいものでした。バランスの良い食事も取れるし、料理が面倒くさくなったときは本当に助かりそうです。

 お腹もいっぱいになった後は、現代美術館に行きました。今は、特別展示として、『山村浩二 アニメーション+原画展』をやっているのです。

 入ってみると、 一番最初の暗い空間で、『頭山』という作品を上映していました。ケチな男が、さくらんぼの種まで勿体ねえってポリポリ食べたら、頭から桜の木が生えてきたってお話。まるで夢でも見ているかのような、可笑しくも悲惨な話でした。これ、もともとは、古典落語のひとつらしいのですが、こんな物語を思いついた昔の人の想像力にはびっくりです。ペンと色鉛筆で書き込まれた力強い絵。浪曲師の三味線と独特の語り口。これは面白いですよ~。お勧め。

 展示室には、『頭山』の原画や、そのほかの作品の原画、ポスターなどが沢山展示してありました。中には、NHK教育で見たことのある作品も。ほぉ~、この人が作ったのね。結構感動でした。

 アニメ、どっちかというと苦手な私ですが、(最近流行の「萌え系」とか、うんざりです。好きな方には、申し訳ない。)こういう芸術作品として昇華されたものは、本当に面白いですね。今回展示されていた作品の原画の数々、機会があれば、是非、完成形を鑑賞してみたいです。

 最後の部屋では、何やら、山村浩二氏本人らしき人と、若手アニメーション作家の座談会みたいなのをやってました。途中から入ったから、一体何を話してるのかすら分からず出ちゃったけど、実際に見た山村浩二さんは、間違いなく、芸術家肌の方でした。

 美術館の後は、行きつけのお茶屋さんでまったり。マンゴープリンと蓮茶を頂いて、ほっと一息。

 いやぁ、久々に日曜日をまる一日楽しみつくしましたよ。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-08-29 21:32 | 大学のはなし

禍転じて…

 後輩の家に泊めてもらい、翌朝、車を放置していた大学に戻ってきました。

 さて、まふっちゃんに乗り込み、いざ、エンジンを始動…

 あら、バッテリー上がり。

 実は、スモールを消し忘れてたような気はしてたんです。でも、気付いた頃にはすでにバス停。戻るの面倒くさかったし、バスを待っている人とちょっと話しちゃった後だったので、戻るのは気まずい。それで、きっと消したんだ、と考えることにしてそのまま街に出かけちゃったのです。

 そんなわけで、一晩かけて、じっくり放電しきった我がまふっちゃん。搭載バッテリーにとっては、二度目のバッテリー上がり。後輩の車とブースターケーブルで繋いでも、うんともすんとも言わず、急遽、大学から3~4キロ離れたホームセンターに連れて行ってもらいました。後輩は、バイトがあるので、そこでお別れ。幸い、特価品のバッテリーを手に入れましたが、これを大学までもって帰らないといけません。

 セミの鳴く中、坂道を、てくてくてくてく。この道を歩くのは、大学入学以来です。それ以降は、全て自転車か車だったので。まさかまた歩くことになるとはねぇ。懐かしさを覚えながら、てくてくてくてく。バッテリーって重いですね。英語教室をやっていた思い出の小学校の前まで来たところで、早くも疲れてきました。電話を取り出し、きむさんに助けを求めることに。が、残念ながら、まだ寝ている模様。さすがに、バッテリー運びの為に彼を叩き起こすのは気が引けるので、気合を入れて、運ぶことにしました。1~2キロばかり歩いて、バス停を発見。そこからバスに乗って大学まで戻りました。

 バッテリーを買ったは良いが、バッテリーを交換するのにレンチが必要なことをすっかり忘れていた私。大学にレンチかペンチでも落ちてないかとウロウロ。まあ、落ちてるわけがないですね…と、部室の前に金槌があるのを発見しました。ひょっとしてレンチも、と思いましたが、残念ながらそんなうまい話があるわけもなく。さぁて、どこに行けば道具が手に入るかしら…あっ、学生寮☆

 そんなわけで、学生寮に行くことにしました。つんと草の匂いのする小道を歩いてたら、懐かしくて、思わず泣きそうになっちゃいました。前は、ここを毎日歩いて通ってたんだなぁ。あの頃は楽しかった。いや、今も楽しいけどさ、やっぱり、大学って物凄く特別な場所だったんです。

 寮に着くと、お世話になった管理人さんが、草刈の真っ最中。恐る恐る話しかけてみると、ニコニコと歓迎してくれました。早速、モンキーレンチとラジオペンチを借り、再びまふっちゃんの下へ。パパッと交換を済ませて、キーを捻ると、おおお電源が入ったぁ。セルを回して、ぶるるん♪そのまま寮まで道具を返しに行き、しばらく管理人さんと思い出話をしていました。

 管理人さん、のっけから愚痴です。
「あんたの代は良かったよぉ。自分達で、しっかりやってたし、みんな仲良かったし。今は~、いかん。特に女の子がひどい…。やりたい放題でぐっちゃぐちゃよ。」
いったい、何があったのか、本当に大変そうです。管理人さん、どうも学生のレベルが低下していると感じているようなのですが、確かにそうなのかもしれません。自分で言うのもなんですが、私の母校、学生も教師もモチベーションが高くて素晴らしいんです。しかし、私自身、最近一部の後輩に非常にがっかりさせられたことがあり、なんだかいやーな気がしています。これも少子化の影響でしょうか。なんとかしないとなぁ。

 バッテリー上がり、大変だったけど、入学以来の散歩ができたし、寮の管理人さんと話せたし、楽しかったです。いやぁ、バッテリーが上がって良かった良かった。

 
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-08-28 20:47 | 大学のはなし

ミニ国際関係学

 オートバックスに行った後は、知り合いの喫茶店で食事をし、大学でまったり。そのまま、車は大学に放置して、広島市内まで出かけました。

 この日は、久々の飲み。本当に、酒自体が久しぶり。

 大学の部活の友人・先輩・後輩とでワイワイ飲みました♪

 悪酔いはしてないからね、大丈夫よw

 このメンバーでの飲みは、いつも、自然と国際関係の話になるのが面白いです。くだらない話をしつつも、そうした真面目な話が出来るのが、この集まりの良いところだな。

 今回は、久々の集まりというだけでなく、大学院の留学生が、イギリスに一年間留学することになったので、その壮行会も兼ねていました。日本に留学して、更にイギリスに留学して、また日本に「帰ってくる」わけですから、ダブル留学とでも言うべき、面白い状況になってます。さぞ、海外生活には慣れてるんだろうなぁ、と思ってたら、意外や意外、「楽しみ半分、不安半分」という言葉が返ってきました。たとえ、日本に長年住んでいても、やっぱり、また別の国に行くのは、それなりに勇気がいるんですね。

 飲みの後は、カフェかファミレスでまったりとするのが、この部活の定番。そこでは、大学時代の他の部活の同級生に遭遇するという嬉しいハプニングもあり、充実した会合となりました☆

 

 
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-08-28 20:12 | 大学のはなし

今日の○と×

 今日は、全く冴えてない一日でした。

 自転車で買い物に出たら、お目当てのお店は閉まってるし、別のお店ではお目当ての商品がないし、その上雨に降られて濡れ鼠。

 あ~あ、このまま一日が終わってしまうのか…

 と、思いきや、嬉しいお知らせが。

 親友の個人的なことなので詳細は書きませんが、素晴らしいビッグニュースですよ~。

 濡れ鼠になって、げっそりした気持ちもどこへやら。いやあ、自分の事みたいに嬉しいわ。

 君なら、きっと大丈夫!頑張ってね~!

 こちらも元気と勇気をもらって、いい一日でした☆
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-08-17 17:57 | 大学のはなし

ヘロリンの土曜日

 土曜日は、1時に目が覚めてしまったわけですが、その後、ちょこっと読書して、布団でうつらうつらしつつ朝を迎えました。風呂に入り、車を引っ張り出して広島市街へ。

 その日は、朝から友達と用事を済ませた他は、お茶屋さんでミャオ族の民族衣装を見ながらお話したり、お茶を頂いたりとまったり過ごしていたのですが、やはり睡眠が足りなかったせいか、あまり元気が出なかったです。

 夜は、今回の週末のメインイベントである、大学の教職メンバーの飲みでした。気心の知れた友人、それもべっぴん揃いに囲まれた天国のような飲みですので、すんごく楽しみだったのですが、やはりあまり飲めず食べれず、お酒の方はスプモーニ一杯でノックダウン。友人達に少々心配をかけることになってしまい、申し訳なかったです。やっぱり、睡眠は大事ですね。次回は、こんなことのないように気をつけます。

 そんなわけで、なんか一日中ヘロ~ンとした感じの土曜日でしたが、やっぱり楽しかったです。こうして、友人に会い、色々と語らうことが、何よりも楽しみなのですよ。最近じゃあ、そのために日々を過ごしている感もあるなあ(笑。

 次回は、鳥取に出かける予定です。鳥取は、高校の部活で二回訪れているのですが、観光なんかする暇なかったし、鳥取砂丘も見たことありません。鳥取では、何をしたっけな。確か、肝試しで後輩を泣くほど怖がらせました。あと、友達と怪しい温泉街を歩いてたらストリップ小屋のおばさんに声をかけられて逃げました。それはそれで楽しかったし、友達と語らったりして高校時代で最も思い出深い土地なのですが、別に鳥取を堪能したわけでもなんでもないので、一度、ちゃんと観光してみたいと常々思っていました。

 その鳥取を、このメンバーと共に旅行できるのは最高に楽しみです。鳥取のどこに行くか、どうやって行くか、今から、よく調べておかなくちゃ。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-07-10 19:30 | 大学のはなし

後半戦スタート

 7月に入りました。一年の半分が終わり、2006年の後半が始まったわけですね。

 2006年後半、最初にしたことは、はむこちゃんとの長電話。

 ちょうど、日付が変わった頃にメールがきて、その件で彼女に電話をかけたら、ついつい話し込んでしまいました。共通の親友の話題や教育問題などなど、話が盛り上がり、ようやく電話を切ったのは確か5時頃でした。こんなに長電話をしたのは初めてですよ。時間の感覚も吹き飛ぶ楽しいひとときでした。はむこちゃんと二人で話したのは、一緒に小学校で英語教室をしていたとき以来。今回は、たっぷり時間もあったし、腹を割った話ができて本当に良かったです。長電話っていいものですね~。

 電話が終わってからすぐに寝たのですが、まあ寝た時間が時間ですから(普段なら起きる時間です)、久々に遅く起きました。その日は、お昼に自称女子高生30代主婦と密会。以前は、彼女の家にお邪魔するかファミリーレストランで話したりしていたのですが、今回は、大学の図書館で会うという、ちょっと画期的な会合になりました。随分久しぶりだったのですが、相変わらず、面白い人でした。

 午後は、ばんじゃん氏と芸術鑑賞&コーヒータイム。新収蔵作品展を見てから、大学の近くに最近できた喫茶店に行ってきました。店内に入ると、大きなガラス窓の外に立派なお庭がつくられていて、とても眺めが良いです。私は、キリマンジャロと苺ショートケーキをチョイス。美味しかったし、雰囲気もよく、とてもいいお店でした。ただ、ガッチリと固められたお店のコンセプトは、少々強引過ぎて、若干商業主義の香りがしていたのが、ちょっと残念でしたね。でも、気に入ったから、また今度行ってみようかな。喫茶店を出た後は、スバルディーラーに行って、新型レガシイとステラの試乗をしてきました。

 夜は、いつものように、きむさんと飲み。今回は、大学に入った頃のことを思い出したり、子どもの頃のことを話したりと、過去を振り返ることが多かったです。これまでに生きてきた中での一つ一つの出来事や経験が、今の自分を形作っている。当たり前といえば当たり前ですが、こうして改めて話すと、そのことを強烈に再認識させられますね。こうして作り出された現在の自分を、どう高め、どう生きていくか。向上心の塊のような彼との会話は本当に刺激になります。真面目な話もくだらない話もしつつ、かなり遅くまで飲んでました。いつの間にやら酒がごっそり減っててびっくりでした。

 そんなわけで、2006年後半は、実に4人もの友人とさしで会話してスタートしました。新年のスタートは、お世辞にもあまりいいものではなかったので、後半のスタートをいい感じにきることができてとても嬉しいです。いい刺激をたくさん受けたし、頑張るぞ~☆



 

 
 

 
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-07-02 21:02 | 大学のはなし