阿路岐の日常&備忘録です。


by potecoro_ukpa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

牡蠣のトラウマ

以前に比べると、心身共に割合健康な私ですが、精神を病みやすいところは変わっていないようです。この週末、自分が新たな問題を抱えたことが分かってしまいました。

最近、どうも外食が苦手です。レストランに入ると急激に食欲が低下し、場合によっては具合まで悪くなってきます。とりあえず、今月は、ハンバーガーと天麩羅とチキンカツとフォーを食べるきることができませんでした。多分、同じメニューでも自分の家で食べるのなら何の問題もないのです。とりあえず家では具合を悪くすることはないので。我ながらヘンテコリンです。

原因をいろいろ考えてみたのですが、どうも、以前「牡蠣と海老のパスタ」で地獄を味わったことが関係している気がします。レストランに入ると、「牡蠣と海老のパスタ」の記憶が無意識に呼び出され、身体が料理を受け付けなくなるのでは、と考えています。

とりあえず、しばらくは、いい感じの洋食屋さんと油っぽい料理は避け、和食中心の生活と毎日の運動で対応しようと思います。

それにしても、心と身体がこうも密接に繋がっているというのは、当たり前のようで、やっぱり不思議なものです。自分のこの体質は厄介なことこの上ないですが、逆にこのお陰で心と身体の繋がりを実感として理解できているのも事実。これを上手く人生の肥やしにしていけるといいですね。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-04-30 21:38

友に再会して

随分間があきましたが、卒業式の記録の続きです。

卒業証書授与式の後、先生や先輩と話してから出口に向かうと、思いがけない人物が待っていました。

途中で、ひっそりと他大学に変わってしまった友人です。まさか彼が来てくれるとは想像もしてなかったので、心底驚きました。久々の再会を喜んで肩を抱くと、彼は何だか涙ぐんでいます。彼は、一体何を思っていたでしょうか。一度離れた大学に戻ってくるのは、なかなか勇気のいるものです。

彼の元気そうな姿を喜びつつも、二年前彼を助けてやれなかったことに、私は苦々しいものを感じていました。

かつて、私は彼が経験したものに近い苦しみを味わいました。何がきっかけだったのか、高校の頃から調子が狂い始めました。日々、鬱々として気持ちが晴れないのです。大好きだった部活も楽しめなくなりました。私の場合、その影響は直接身体に表れました。毎日、ひどい腹痛と下痢を繰り返すんです。朝起きてから家を出るまでに、3~4回はトイレに行きます。冬は悪寒が凄くて、熱いシャワーを浴びないとまともに動くことすらできません。出かけるまでに時間がかかるので、勉強も兼ねて毎朝4時に起きるようになりました。

大学に進学すると、症状は一層ひどくなりました。当時、私は、どうして自分の身体がこんな訳の分からないことになっているのか、さっぱり分かりませんでした。そうこうするうちに朝起きることが難しくなり、どんどん行き詰まっていきました。食事もあまり食べれません。頭はぼうっとして、まるでガラス越しに物事を眺めているようでした。不思議なくらい現実感のない日々。私は大学を逃げ出して、実家に帰りました。

実家での静養を経て私は今の大学に入学しました。個性豊かで知的で温かな友人に囲まれ、少しずつ身体は治っていきました。頭がぼうっとした感覚だけは、薄皮のように脳に張り付いていましたが、ともかく体調はずっと良くなりました。

今の私は、かなり健康です。ふとしたきっかけで、ガラガラと体調を崩しますが、全体的には健康です。五年前は2~3切れしか食べれなかった焼肉も、今はモリモリ食べるようになりました。

その一方、同じ苦しみを持っている友人を助けることができませんでした。ちゃんと理解してあげる事もできなかった。そんな自分が、残念でなりません。

今は、何があっても潰れないように心身を鍛える日々です。大学での勉強のお陰もあり、以前よりは、視野が広がったと思います。今なら、心の問題を抱えている人を支えることができると思うし、そうしていくつもりです。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-04-27 23:21

原油価格が…

二日連続最高値更新だそうで。

生活に直接響くから痛いです。あ~、秋には車買い替えたかったけど、スバルが現在試験中の電気自動車を発売するまで待とうかな。最近、循環型社会の可能性に興味が強いのですが、その点でガソリン車は無駄が多すぎて悲しくなります。特にブレーキ踏む時、ガソリン燃やして得た運動エネルギーが熱エネルギーとなって空気中に逃げていってしまう様子を思い描いて、しょんぼりしてしまうんです。

でも、やっぱり車は好きなんだな。我が儘だけど、好きなものは仕方ない。より効率の良い電気自動車に期待です。早く出てこい、R1e。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-04-20 22:14

変なの~

最近、家に帰る度、鼻がグズグズして仕方ありません。私、花粉症ではあるのですが、今年は外では大して症状がないのに対して、鼻がグズグズするのは決まって家に帰ったとき。
ダニか何かいるんでしょうかね。二日に一度は掃除してるのになあ。謎です。

しばらく前の話になりますが、気になるニュースが一つあったので感じたことを書いておこうと思います。

『東京都教育庁は13日、職員会議で教職員による「挙手」や「採決」をしてはならないという通知を都立高校など263都立学校長に出した。』

はあ?ってなりました。いくらなんでもおかしくないですかね。記事によると、都教育庁の主導権を確保するのが目的のようですが、現場は現場の先生にしか分からないだろうにさ。

確かに、ある程度校長の権限を強めるのはかまわないと思います。校長先生一人一人の持つ「味」を活かした学校運営ができるだろうし、意思決定も早くなるでしょう。

でも、挙手禁止はいくらなんでもやりすぎです。これは、少なくとも東京都は現場の先生の意見や考えは一切尊重していないと捉えることができます。もし東京都が完全にトップダウン型の教育を目指しているのなら、それは勘違いもはなはだしいと言わざるをえません。普段、教育現場に出ていない都の職員に何ができるでしょうか。

私自身、教育実習で痛感したのですが、実際の教育現場はテレビの報道などで想像されるものとは随分と印象が違います。学力低下ばかりクローズアップされるけど、そもそもそれ以前の問題が大きすぎるのです。子ども達は家庭に大変な問題を抱えていることが少なくありません。なんとも凄まじい時代です。そんな中でも、生徒達が楽しい人生を送れるよう、先生は文字通り命を削って働いてます。その厳しい現実が東京都に分かるのでしょうか。視察するくらいじゃ絶対に分かりません。子ども達の世界に入り込んで初めて少しだけ理解できることです。

いつも思うのですが、東京都の教育論議って子ども達からかけ離れています。例えば国歌斉唱。国歌斉唱をするか否かがそんなに重要ですか?厳罰を持って強要する東京都の姿勢は理解できません。逆に徹底的に国歌斉唱を拒む人も正直どうかと思います。所詮大人どうしのイデオロギーのぶつかり合いでしかありません。

子ども達を見れば、もっと取り組むべき大きな問題があることは明らかでしょう。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-04-19 19:11

久々の更新です。携帯からの更新って、なかなかに大変で、ついサボりがちになってしまいます。諸事情により、インターネットが使えるのは一ヶ月先になりそうです。
週末は、急用で実家に帰りました。帰る途中、ちょっと面白い経験をしました。

高速道路でパーキングエリアに寄ると、エンジンから白煙が出ている車が一台。乗ってるのは、外国人女性の二人連れでした。日本語は「こんにちは」とか「少しだけ」くらいのもので、ほとんど話せない様子。一人のおじさんが彼女達を助けようと一生懸命なのですが、彼も英語は全く話しません。非常に困った状況なので、下手くそな英語を使って手伝うことにしました。

話してみると、二人は米軍関係者らしく、岩国の基地に戻る途中だったようです。エンジンルームをみると、吸気口からインテークマニホールドに繋がるホースがぱっくりと口を開き、エンジンからは白煙が上っています。どう見ても、これ以上自走するのは止めた方が良さそうです。非常電話を使って、高速道路の官制センターに相談。あれって、受話器を取ると、すぐに繋がるんですね~。しばらくやり取りをした結果、車は、その場に放置し、月曜日に米軍基地内の業者が車を運搬&修理しに来ることになりました。

さて、二人の家は岩国ですが、私もちょうど岩国で高速を降りようと考えていましたので、ついでに送って行くことにしました。

私のチビ車に荷物を移してると、なにやら古めかしい書や兜の絵など随分と面白い物があります。聞けば、福山で骨董品を購入してきたのだとか。その中に、米袋に入った一際大きな荷物が一つ。なんと、それは古い男性用トイレとのことでした。二人はそれをいたく気に入っているようで、"My lovely toilet."なんて言ってニコニコしています。岩国に着いてから見せてもらうと、確かに綺麗な模様が描かれ、有田焼がトイレになったかのような、なかなかエキゾチックなものです。が、それにしてもトイレを買って帰るとは。可笑しくって大笑いしてしまいました。ちなみに、お花を植えるのに使うんだそうです。
二人を狭い座席に押し込み、いざ岩国へ。基地での生活、これまで訪れた国のこと、日本文化の事などの話をしつつ走るうちに岩国インターに着きました。しばらくするとコンビニに屈強な旦那さんが迎えに現れ、そこでお別れになりました。

いや~、面白い経験でした。久々に英語の訓練にもなったし、なにより、とても気さくで明るい人達でした。今はトイレにお花を植えて楽しんでいるころでしょうか。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-04-18 20:18

卒業証書授与式

卒業式終了後、引き続き卒業証書授与式が行われました。
みんな卒業証書を受け取っては、カメラに向かって思い思いのポーズをとっています。私は何となく気恥ずかしいので、さっさとステージを降りようとしたのですが、ふと見ると、ステージのすぐ下に携帯を構える母の姿が。我が家にはデジカメがないので、携帯のカメラをデジカメ代わりにしているようです。
よくみると、カメラ付き携帯を構えてる親御さん、結構たくさんいます。今や写真撮影にも携帯がメインで大活躍の時代なのですね。手慣れた様子でカメラ付携帯を構える人々の中、懸命に携帯のレンズを向ける年老いた母の姿は、何とも不思議なものがありました。せっかく写真を撮ろうとしてくれているので、恥ずかしいながらも、ちょっとポーズ。
嬉しかったのは、渡された封筒の中に、教員免許を発見したとき。もう心底嬉しくて、思わずガッツポーズしました。元々は、教員になるつもりは毛頭なく、「留年してでも教員免許は取りなさい」という姉の言葉で履修したものですが、お陰で他では得られない、素晴らしい経験ができました。そして将来の目標も得たのです。まさに私の宝物です。
今は社会勉強の為に会社員をしていますが、いずれは地元で教師になるのが夢です。ただし、会社も結構気に入っているので、このまま会社員を続ける可能性も無きにしもあらずですが…。
卒業証書授与式では、もうひとつ良い事がありました。卒業論文が学内コンテストで優秀賞を受賞したのです。本音を言うと、私は、なかなか思うように論文が書けず、提出するだけで必死という体たらく。自分の腑甲斐なさに打ちのめされていたので、優秀賞だと言われても、喜ぶどころか、傷口に塩を摩り込まれているような思いでした。
でも、表彰式の時、ふと両親をみると、ニコニコ笑って心底喜んでくれています。それで、私は、受賞することができて良かったと思いました。私は、両親に随分と心配ばかりかけてきたのです。もうゆっくりしていい年にも関わらず、二十を過ぎても、なかなか道が定まらない私は、どれほど重荷だったことか。その両親を喜ばせ、安心させることができるなら、それだけで今回の受賞は価値があると思いました。
自分の将来へのステップを得ることができ、両親を喜ばせることのできた卒業証書授与式。忘れられない思い出です。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-04-11 19:04

卒業式

忙しさのあまり、肝心の卒業式のことを全く書いていませんでした。
卒業式、早めに行こうと考えていたものの、着いたのは9時10分。すでに受付が始まっています。行く途中、両親からもう会場に入ったとの連絡が入り、ちょっと焦りました。
着いてみると、大学は袴姿の女性でいっぱい。一人の素敵な着物の女性を追い越したら、実は、はむこ嬢でびっくりしました。髪形も服装も普段とは全く異なるので、後ろ姿だと誰なのかさっぱり分からなかったのです。なあんか、女の子は服もメイクも髪形も物凄く気合いが入ってて、圧倒されました。色とりどりで華やかでしたよ~。それに比べて男連中の地味なこと。私も、とりあえず姉の結婚式の為に購入した1番いいネクタイをしただけです。はは…。
受付を済ませて会場に入り、先に来ていた両親と話をして、左前の方に陣取りました。思えば入学式も同じような場所だった気がします。
私の左隣に座った友人ばんじゃんは、ネクタイが上手く決まらず四苦八苦。かたや、右隣にふらっと座った友人Sは、そもそもスーツを持っていないらしく、普段通りのバサバサした恰好でした。彼らしいというか何というか、可笑しかったです。
卒業式は、ひたすら眠いの一言でした。大事な行事ですが、引越し作業で徹夜してたので、目を開けてるだけで必死という体たらくでした。眠いといろいろ抜けているもので、急に何かを思い出して鞄をゴソゴソやってましたら、ステージにいる来賓の一人に睨まれました。あぁ、あれは気のせいだったと思いたい。
ちょっと驚いたのは式の途中、「ちょっと待ったあ!」の言葉と共に友人がステージに駆け上がったとき。
「卒業生の皆様に…」などと声を張り上げて祝いの言葉を述べちゃってます。いやいや、貴方も卒業生でしょうが。
そして入学式以来となる学歌斉唱を行い、卒業式は終わったのでした。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-04-10 20:06

一ヶ月ぶりの陶芸

社会人になって初めての週末。有意義に過ごしなさいという先輩社員の言葉に従い、本当に有意義な週末を過ごしてきました。
友人と話したり、いろいろ楽しんだのですが、今回のメインイベントは、陶芸。三月に始めたアロマランプ制作の続きです。
三月はずっとバタバタしてしまい、さっぱり進めることができませんでした。考えてみれば、前回の作業から約一ヶ月経過しています。もうカチカチに乾いて手の加えようがないかもしれません。
恐る恐るビニールをめくってみると…幸いにも、まだちゃんと湿ってました。今日の作業に調度良い固さです。
今日は胴の部分に模様を彫りました。自分の頭の中にあるイメージが実際に形になっていくのは、本当に楽しいものですね。時間がどんどん過ぎていきました。
夕方には、広島市本通りで買い物をして帰宅。来週もまた続きをしに行きます。週末の予定には困りそうにないですね。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-04-09 22:13

研修中

月曜日、入社式が行われて、ついに私も社会人となりました。今は研修の毎日です。
ひどく悪化していた精神状態は入社式の翌日には全快し、体調も昨日にはすっかり良くなりました。
思いの外、会社の風土が私に合っていたようです。まだまだ研修期間中の為かもしれませんが、良い先輩社員と同僚にも恵まれて、今はなかなか楽しい日々です。正直、こんなに楽しめるとは思っていなかったので、今は自分の選択に感謝しています。
さてさて、しっかり勉強して、本格的に業務に就く日に備えなきゃ。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-04-06 21:53

スターリンが…

最近、体温調節がうまくいかないのか、明け方目が覚めると、やたら暑くて寝汗がひどいのですが、そんな中、今朝は奇妙奇天烈な夢を見ました。

会社にいるのは、なぜかスターリン。いや、ヒトラーだったかも。ともかく、二人を足して2で割ったような人物でした。
これがまた歴史書での記述に負けず劣らず横暴な人物でして。私はそれを会社から追い出そうとしました。するとスターリン(ヒトラー?)はピストルを取り出して私を撃とうとするんです。慌てて私は、相手をポカッスカッ。何とか粛清は免れましたが、後はあまり覚えていません。

誠に奇妙な夢でした。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-04-02 20:27