阿路岐の日常&備忘録です。


by potecoro_ukpa
カレンダー

<   2006年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 きむさんからバトンを頂きました。もともと名前はなかったのか、きむさんは「印象バトン」なる名前を提唱しています。うん、確かにぴったりだ。では、「印象バトン」に挑戦☆


1)回してくれた方の印象をどうぞ

男の中の男。本当の優しさを持つ人物で、私の目標と言ってもいいでしょう。
もろい面も見せるけど、それこそが本当の強さの証だろうなあ。
俺が女なら絶対結婚申し込んでるな(笑。彼を選ぶ女性は、男を見る目があると思います。お勧めですよ~。



2)周りから見た自分はどんな人だと思われていますか?
  5つ述べてください。

それは、分からないなあ。う~ん…言われたことのある言葉をいくつか上げてみましょうか

1 真面目 (確かに。柔軟さを失わず、常に誠でありたいと願っています。)
2 優しい (意外に鬼かもよ(笑。)
3 飄々としている (適度にね。貫くときは貫きます。)
4 可愛い (貴女には負けないわ。)
5 実は男らしい (素直に嬉しいなぁ。うん、男を磨いていきます。)

3)自分の好きな人間性について5つ述べてください

1 誠(自分にも他人にも)
2 バランス
3 寛容
4 挑戦
5 愛




4)では、反対に嫌いなタイプは?

人を嫌うことは滅多にないなあ。ただ、困ることはあるかも…。

1 他人の忠告を聞かない
2 自分にうそをつく
3 自分を卑下する
4 夢を見ない
5 現実を見ない

 うむ、自戒します。



5)自分がこうなりたいと思う理想とかありますか?

常に笑みを絶やさず、誠を尽くし、情熱に魂を燃やす。



6)自分のことを慕ってくれる人に叫んでください。

いつでも頼ってくれい。阿路岐は24時間営業です。それから、いつもながら、私にも甘えさせてくださいな。



7)そんな人にバトンタッチ5名

5名かぁ…。

はむこちゃん、どう?あとクロちゃんとかも良ければ。
スパイシーと明治の女ちゃんはブログしてないけど、良かったらまた今度会った時にでも聞かせてくださいな。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-08-30 21:22 | ちょっとした話

日曜日を味わいつくす

 まふっちゃんも動くようになったし、これからどうしよう、と考えていたら、きむさんからメール♪電話の着信を見て連絡をくれたのです。こりゃグッドタイミング。お昼どきだったので、食事に誘うことにしました。

 大学の近くに新しく食堂タイプのレストランができたみたいなので、そこに行ってみることに。お店に着くと、駐車場は車でいっぱいです。すごいなぁ、皆気になって来たんかなぁ、と思ってふと見ると、「8月30日開店」の看板が。あれっ今日じゃないの?

 責任者らしいビジネスマンが現れ、説明してくれました。なんでも、今日は、関係者を集めての、試験開店とのこと。まだスタッフも慣れてないので、料理が全部出てなかったり、御不便をおかけしますが、それでも宜しければ、どうぞ食べていってください。

 おお、そりゃ面白そう。開店前のお店なんて、初めての体験です。

 入ってみると、狭い店内は大入り満員。自分で好きな料理を棚から取っていくセルフ形式なのですが、なるほど、出てる料理の数は少ないなぁ。とはいえ、これほどの人数をさばくのは、かなり無理があるだろうって言いたくなるほどのお客さんの数でした。

 私が選んだのは、秋刀魚の塩焼き、タコ酢、ご飯、豚汁。なかなか美味しそうです。

 「今日は、お代は頂きません。代わりに、アンケートにご協力下さい。」

 えっ!?まじですか?それは嬉しいなあ。そして、こんなにお客さんでぎゅうぎゅうなのも納得。

 料理は、結構美味しかったです。秋刀魚の焼き具合も良し、豚汁も具沢山で、美味しいものでした。バランスの良い食事も取れるし、料理が面倒くさくなったときは本当に助かりそうです。

 お腹もいっぱいになった後は、現代美術館に行きました。今は、特別展示として、『山村浩二 アニメーション+原画展』をやっているのです。

 入ってみると、 一番最初の暗い空間で、『頭山』という作品を上映していました。ケチな男が、さくらんぼの種まで勿体ねえってポリポリ食べたら、頭から桜の木が生えてきたってお話。まるで夢でも見ているかのような、可笑しくも悲惨な話でした。これ、もともとは、古典落語のひとつらしいのですが、こんな物語を思いついた昔の人の想像力にはびっくりです。ペンと色鉛筆で書き込まれた力強い絵。浪曲師の三味線と独特の語り口。これは面白いですよ~。お勧め。

 展示室には、『頭山』の原画や、そのほかの作品の原画、ポスターなどが沢山展示してありました。中には、NHK教育で見たことのある作品も。ほぉ~、この人が作ったのね。結構感動でした。

 アニメ、どっちかというと苦手な私ですが、(最近流行の「萌え系」とか、うんざりです。好きな方には、申し訳ない。)こういう芸術作品として昇華されたものは、本当に面白いですね。今回展示されていた作品の原画の数々、機会があれば、是非、完成形を鑑賞してみたいです。

 最後の部屋では、何やら、山村浩二氏本人らしき人と、若手アニメーション作家の座談会みたいなのをやってました。途中から入ったから、一体何を話してるのかすら分からず出ちゃったけど、実際に見た山村浩二さんは、間違いなく、芸術家肌の方でした。

 美術館の後は、行きつけのお茶屋さんでまったり。マンゴープリンと蓮茶を頂いて、ほっと一息。

 いやぁ、久々に日曜日をまる一日楽しみつくしましたよ。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-08-29 21:32 | 大学のはなし

禍転じて…

 後輩の家に泊めてもらい、翌朝、車を放置していた大学に戻ってきました。

 さて、まふっちゃんに乗り込み、いざ、エンジンを始動…

 あら、バッテリー上がり。

 実は、スモールを消し忘れてたような気はしてたんです。でも、気付いた頃にはすでにバス停。戻るの面倒くさかったし、バスを待っている人とちょっと話しちゃった後だったので、戻るのは気まずい。それで、きっと消したんだ、と考えることにしてそのまま街に出かけちゃったのです。

 そんなわけで、一晩かけて、じっくり放電しきった我がまふっちゃん。搭載バッテリーにとっては、二度目のバッテリー上がり。後輩の車とブースターケーブルで繋いでも、うんともすんとも言わず、急遽、大学から3~4キロ離れたホームセンターに連れて行ってもらいました。後輩は、バイトがあるので、そこでお別れ。幸い、特価品のバッテリーを手に入れましたが、これを大学までもって帰らないといけません。

 セミの鳴く中、坂道を、てくてくてくてく。この道を歩くのは、大学入学以来です。それ以降は、全て自転車か車だったので。まさかまた歩くことになるとはねぇ。懐かしさを覚えながら、てくてくてくてく。バッテリーって重いですね。英語教室をやっていた思い出の小学校の前まで来たところで、早くも疲れてきました。電話を取り出し、きむさんに助けを求めることに。が、残念ながら、まだ寝ている模様。さすがに、バッテリー運びの為に彼を叩き起こすのは気が引けるので、気合を入れて、運ぶことにしました。1~2キロばかり歩いて、バス停を発見。そこからバスに乗って大学まで戻りました。

 バッテリーを買ったは良いが、バッテリーを交換するのにレンチが必要なことをすっかり忘れていた私。大学にレンチかペンチでも落ちてないかとウロウロ。まあ、落ちてるわけがないですね…と、部室の前に金槌があるのを発見しました。ひょっとしてレンチも、と思いましたが、残念ながらそんなうまい話があるわけもなく。さぁて、どこに行けば道具が手に入るかしら…あっ、学生寮☆

 そんなわけで、学生寮に行くことにしました。つんと草の匂いのする小道を歩いてたら、懐かしくて、思わず泣きそうになっちゃいました。前は、ここを毎日歩いて通ってたんだなぁ。あの頃は楽しかった。いや、今も楽しいけどさ、やっぱり、大学って物凄く特別な場所だったんです。

 寮に着くと、お世話になった管理人さんが、草刈の真っ最中。恐る恐る話しかけてみると、ニコニコと歓迎してくれました。早速、モンキーレンチとラジオペンチを借り、再びまふっちゃんの下へ。パパッと交換を済ませて、キーを捻ると、おおお電源が入ったぁ。セルを回して、ぶるるん♪そのまま寮まで道具を返しに行き、しばらく管理人さんと思い出話をしていました。

 管理人さん、のっけから愚痴です。
「あんたの代は良かったよぉ。自分達で、しっかりやってたし、みんな仲良かったし。今は~、いかん。特に女の子がひどい…。やりたい放題でぐっちゃぐちゃよ。」
いったい、何があったのか、本当に大変そうです。管理人さん、どうも学生のレベルが低下していると感じているようなのですが、確かにそうなのかもしれません。自分で言うのもなんですが、私の母校、学生も教師もモチベーションが高くて素晴らしいんです。しかし、私自身、最近一部の後輩に非常にがっかりさせられたことがあり、なんだかいやーな気がしています。これも少子化の影響でしょうか。なんとかしないとなぁ。

 バッテリー上がり、大変だったけど、入学以来の散歩ができたし、寮の管理人さんと話せたし、楽しかったです。いやぁ、バッテリーが上がって良かった良かった。

 
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-08-28 20:47 | 大学のはなし

ミニ国際関係学

 オートバックスに行った後は、知り合いの喫茶店で食事をし、大学でまったり。そのまま、車は大学に放置して、広島市内まで出かけました。

 この日は、久々の飲み。本当に、酒自体が久しぶり。

 大学の部活の友人・先輩・後輩とでワイワイ飲みました♪

 悪酔いはしてないからね、大丈夫よw

 このメンバーでの飲みは、いつも、自然と国際関係の話になるのが面白いです。くだらない話をしつつも、そうした真面目な話が出来るのが、この集まりの良いところだな。

 今回は、久々の集まりというだけでなく、大学院の留学生が、イギリスに一年間留学することになったので、その壮行会も兼ねていました。日本に留学して、更にイギリスに留学して、また日本に「帰ってくる」わけですから、ダブル留学とでも言うべき、面白い状況になってます。さぞ、海外生活には慣れてるんだろうなぁ、と思ってたら、意外や意外、「楽しみ半分、不安半分」という言葉が返ってきました。たとえ、日本に長年住んでいても、やっぱり、また別の国に行くのは、それなりに勇気がいるんですね。

 飲みの後は、カフェかファミレスでまったりとするのが、この部活の定番。そこでは、大学時代の他の部活の同級生に遭遇するという嬉しいハプニングもあり、充実した会合となりました☆

 

 
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-08-28 20:12 | 大学のはなし

車好きのオアシス

 土曜日、広島は五日市にあるスーパーオートバックスに行ってきました。車買い換えることを前提に、カーオーディオがいくらぐらいかかるものなのか見ておこうと思ったのです。R1の純正オーディオ、デザインは最高だけど、音が大変よろしくないので…。値段はかなり高いんですけどねぇ。

 「車好きのオアシスでしょ」

 CMで爽やかに微笑む鈴木亜久里さんの真っ黒に焼けた顔を思い出しつつ、オタフクソースの周辺をうろうろしてたら、スーパーオートバックス発見。ううむ、さすがに駐車場はいろんな意味で激しい車だらけですね。なんか、こう、ギンギンに脂ぎった感じの車がうようよ。ついでにドライバーも脂ぎってますな。う~ん、ちょっと入り辛いかも。

 若干ビビリつつ、いざ、「車好きのオアシス」の中へ。店内に入ると、さすが「スーパーオートバック」を謳うだけあって、品揃えは充実してますね。さらに、お客さんとは対照的な店員さんの爽やかさが好印象。時々説明してもらいつつ、色んなオーディオを見て回りました。

 それにしても、車のオーディオって難しいですね。音は良くなっても、内装デザインをぶち壊しにしたら元も子もないし。なんで、車のオーディオって、あんなにハデハデなんだろう。私としては、オーディオは、もうちょっと簡素な、空気のような存在であってほしいな。煌びやかなイルミネーションは少々辛いものあります。色々見て回って、R1の内装に合うオーディオは見つけたのですが、ちょっと手を出せる値段じゃありませんでした。

 ま、オーディオは当分買わないことにします。いずれ、お手ごろ価格で良い感じのものが発売されるかもしれないし。そんなわけで、今回の収穫は、「車のオーディオは、まだ買わない」というものになっちゃいましたが、少なくとも色々な商品を、実際に見て触れることができたのは良かったです。写真で見て良いなって思ってた商品があんまり大したこと無かったり、逆に、これは想像よりもいいなぁって商品があったり。やっぱり、実際に、見て、触ってみないと分からないものですね。

 ちなみに、帰り際、R1に遭遇。

 おお~、珍しい!やっぱり丸いなあ。なんて思って見てたら、きゃあ!

 鬼のような割り込みをしてきました。というより、あれは、絶対見てなかったな。左後方に大きな死角を抱えるR1。車線変更は要注意です。

 しかし、一歩間違えれば、購入予定のR1にまふっちゃんが潰されるって事になるところでしたよ。笑えねぇ…。
 

 

 
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-08-28 19:18 | 車のはなし

買い替え確率95%

 家族や友達に相談して、結局、気持ちは、まふっちゃんの買い替えで固まってきました。

 今日、友人が私に言った言葉は、まさに、私が今回の買い替えで悩んでいるポイントを突いていたように思います。

 頭に浮かぶだけでも、少なくない数の部品交換が必要になる今年、もし、整備をするなら、あと3~4年は乗りたい。しかし、いくら気に入っているとはいえ、さすがに3~4年も乗り続ける事は考えられない。

 買い換えて、新たな快適性と、長期的な低コストを取りますかね…。

 一度、車検の見積もりを取ってみようと思っています。それが私の頭の中にある基準額(10万円)よりも低ければ、もう一年乗ってから買い替え。高ければ即買い換えましょう、とそんな感じです。ちなみに10万円という基準は、ローンを組んだ場合にかかる利子の総額からきています。

 まぁ、車検費用10万円なんて、95パーセントの確率で超えるんですが(汗。過去の車検費用(6万ちょっとしか払ってないのよ。凄いでしょ。実に手のかからない車です。)に、今絶対に交換が必要な最低限の部品の値段を加えたら、ほとんど10万。実際には、それで済む可能性は、かなり低いです。

 さて、ほぼ気持ちも固まってきましたので、今度は、R1にするかR2にするか検討していきます。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-08-25 23:45 | 車のはなし

誤解

 家に帰ると、ダイレクトメールが届いてました。

 「モテブラ 恋をキメるブラ 恋に効くブラ」

 おぉう、きれいなお姉さんね。でも、男の私に女性の下着のカタログ送られても困るなぁ。女装する趣味もないしねぇ。そういや、女装する人って、ちゃんとブラも付けるんですかね。それとも風船だけなのかな?

 それはさておき、以前も、卒業式用の袴カタログが届いたことがあります。中身はビシッと決めた女性の写真ばかり。一体どこから個人情報を仕入れてるのか、どうも、私は女の子と誤解されてるのかもしれません

 ちなみに、この手紙によると、私は、とある通販雑誌の読者らしいです。そんな本、見たことも聞いたこともないし、大体、通販で物を買ったのは、7年前、楽器に関する本を取り寄せて以来、一度もないんですけどね。新手の詐欺かな。

 

 
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-08-24 20:54 | どうでもいいはなし

姉弟会議

 ピロロロォ ピロロロォ♪

 お盆に会えなかった姉から電話。

 最近、姉夫婦は車を買ったばかりとあって、珍しく姉弟で車談議となりました。

 義兄は未だにバックができず、姉もペーパードライバーというわけで、車の運転はドタバタみたいです。

 姉「こないだね、他の車がやけに避けていくなあって思ってたらさぁ、あれっ、あの、マンボウが泳いでいるようなマークが出ててさぁ!」

 阿「マンボウ???」

 姉「そうそう、左が丸くってさ、右に線が出てる、青いやつ。」

 阿「ハイビームですか?」

 姉「そう!ハイビーム!あれ、ハイビームのマークって、初めて知ったわぁ」

 姉君、ディスチャージランプでハイビームは拷問に等しい…。対向車の人はさぞ目が眩んだだろうなぁ。危ないから、気をつけてね。


 そんな話をしつつ、我が愛車を買い換えるべきかそうでないか、相談。

 姉「買い換えたほうがいいんじゃない?だって、いつ壊れるか分からないし、新しく買ったほうがトータルでは安く済みそうじゃん。何より私も安心して乗れるしさ。もう十分乗ったんだから、買い換えたら?」

 ううむ…そうか。

 やっぱ買い替えかなあ。しかし、まふっちゃん可愛いしなぁ。

 姉「こないだ迎えに来てくれたとき、阿路岐ちゃんヘロヘロになってたじゃん。あんまり疲れるのも良くないしさ、乗り心地、良くしたら?」
 
 うん、確かに、まふっちゃんは、他の車の3倍は疲れるのよ。名車とはいえ、さすがに設計は古いからねぇ。R1にしたら、乗り心地はぐんと改善されます。ううむ。

 あれこれ考えてたら、なんだか車が面倒臭く思えてきちゃいました。

 だって、金はかかるわ、安全には気を遣うわ。移動の自由や運転の楽しさは得られるけど、あれほどの出費と責任を背負う価値があるんだろうか。

 いっそ、車なしとか☆

 あれこれ気にしなくて良いし、お金も払わなくて良いし、気楽だわ~♪

 さよなら、まふっちゃん。さよなら、R1。

 姉「ええ~、阿路岐ちゃんが車持ってないと、家でなんかあったときに困るよ~。」

 うわ、不吉なこと言うなぁ。しかし…それもそうですね、姉上。

 結局、買い替えかしら。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-08-24 20:06 | 車のはなし

世界最速のお迎えチャリ

 昨夜見た夢は、私に子どもがいるという、これまでに見たことのないものでした。

         *          *          *
 
 暑い夏の午後、私は、一人黙々とロードレース用の自転車を改造していました。

 まず、泥除けを装着し、後ろのフレームには子ども用の座席を装着。前にはカゴを取り付け…

 完成です。

 世界最速のお迎えチャリ。

 颯爽と、自転車を漕ぎ出し、幼稚園に向かう私です。

 なんてったって、ロードバイクがベースだからね。速いの何の。

 頬に当たる風が本当に気持ち良い。

 と、街中で、何やら、フラフラしてる中学生の集団に遭遇しました。

 なぜだか理由は忘れましたが、私に殴りかかってきたので、やむなく応戦。

 多勢に無勢でボコボコにされちゃいましたよ。

 しかし、そこは耐えて、必死で応戦しつつ、なぜかお説教をしている私なのでした。

           *           *            *

 夢の最後の辺りは、痛かったなあ。

 我が子の顔を見れなかったのが残念。

 ロードバイクベースのお迎えチャリは、なかなかに快適でしたよ☆
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-08-23 19:52 | 夢日記

なぜだか

 さっき、車買い替えの記事を書いてたら、なんだか急に寂しくなっちゃいました。

 がっくり。R1欲しいはずなのにさ。

 私、一度持った物に対して、すごく愛着を持つんです。

 オーブントースター一台をそりゃあ大事に使うんですよ。よっぽどのことでもない限り、買い替えなんて考えません。

 やっぱり、まふっちゃんが良いのかなあ。

 騒音が容赦なく入ってくる、まふっちゃん。道路の小さなデコボコを見事に拾ってしまうまふっちゃん。最近、長距離運転することが多くて、まふっちゃんは正直疲れるんですけど、やっぱり好きなものは好き。

 あ~ぁ

 こんなん言ってたら、エンジンブローでも起こさない限り、買い換えられないじゃん。でも本当にそんなことになったら危ないし悲惨だしなあ。

 悩ましいです。
[PR]
by potecoro_ukpa | 2006-08-21 21:38 | 車のはなし